株式会社アンドシステム

PHILOSOPHY企業理念

就職活動をする中で、ある人から言われた「社長になりなさい」の一言。
「そういう道があったか」と仲間を集めて起業したのが、アンドシステムの始まりでした。2年後には法人化し、以来15年間にわたりシステム受託を中心に事業を展開してきました。その間に、売上も大きく伸長し、気付けば社員数も80名を超えるまでに成長しました。

しかし、その道のりは決して平坦なものではありませんでした。むしろ悩みあがき続けた15年だったと言えるでしょう。
起業したものの仕事がない、特需から一転の落ち込み、会社規模が大きくなるにつれ生じた価値観のずれ……。そんな壁にぶつかり、“どん底”と思うようなときもありました。

しかしどんなときも、それこそ肩を落として会社に帰ってきても、「社長、お帰りなさい」と社員たちは私を迎えてくれました。
「私が社長でいられるのは社員の、そしてお客様のおかげなのだ」。そう強く意識し、感謝するようになったのは、自然の成り行きだったのでしょう。
そこから生まれたのが、社是「全ての“ありがとう”の為に」です。

こうした紆余曲折を経て、当社は2014年に「社会に多大な影響を与え、世界でも通用する企業を目指す」という大志のもと、社員全員が目指すべき方向性、とるべき行動の指針を明文化しました。
その第一ページには、当然、この社是が掲げられています。

IT企業という言葉が生まれて25余年。業界の行く先は未だ不透明であり、今後さらなる壁にぶつかり、厳しい選択を迫られることもあるかもしれません。
そうなったときにどうするか。私は心にひとつ、決めていることがあります。
それは、「自分の為に」ではなく、「みんなの為に」と考え、進むべき道を選ぶということです。

モノやテクノロジーではなく、何より「人」に注目すること、そこから新たな技術もビジネスも生まれてくるのです。アンドシステムは社員・家族、お客様、社会に暮らす人に着目し、今後も全ての人から“ありがとう”をいただけるよう、技術力を用いて豊かで夢のある未来を創造していきます。

PROFILE

  • 1993年愛媛県内子高校 卒業
  • 1997年コンピュータ総合学園HAL大阪 卒業
  • 1998年アンドシステム設立
  • 2000年アンドシステム法人化 代表取締役に就任
  • 2011年HAL大賞受賞
  • 2012年異業種交流会代表に就任

VISION/MISSIONビジョンとミッション

アンドシステムの“アンド”には、結合を示す「&」と、「安堵」の意味が込められています。
「技術力を用いて、何かと何かを結びつけることで生まれる新しい価値を社会に提供し続ける」という当社のミッションの本質を見失わず、「全ての“ありがとう”の為に」自分の力を出し切ること。これが私たちのミッションであると考えています。

また、この姿勢さえ貫き通すことができれば、いつの時代にも、どこの世界でも常に必要とされる企業であり続けられると、私は確信しています。

一方で、アンドシステムが未来に影響を及ぼすためには、相当の力を蓄えなければいけないとも考えています。技術力にいっそう磨きをかけ、社会のニーズにマッチした開発を、これまで以上に強力に進めていきます。
認知度を高めることも大事ですが、それだけでなく、社員が家族や友人から「アンドシステムで働いているなんて、すごいね」と言われるような会社にすること。社員一人ひとりが誇りを持って働け、それを周囲にも認めてもらえる会社にすることが、私の使命だと考えています。

GROWTH STRATEGY成長戦略

現状のシステムインテグレーション事業(受託開発)、システムエンジニアリングサービス(常駐開発)に加え、2年以内に料金回収の仕組みを含めた独自サービスを成功に導きたいと考えています。
また、システムインテグレーション事業については、東京・大阪を二大拠点として先進的な開発を手がけていくとともに、大手企業の受託で培ったノウハウを活かし、パッケージメニュー化を進めていきます。特に、コンプライアンスやコーポレートガバナンスの強化を課題としている企業や、上場の準備段階にある企業などをターゲットとした基幹システム構築を重点戦略に位置づけています。
システムエンジニアリングサービスについては、単なる技術者派遣ではなく、プロジェクトチームを構成し、これまで以上にプロ集団として、その存在感を高めていきます。

そのほか、西日本エリアを中心にWi-Fiスポット約3,000回線の提供およびシステムの運用・管理を行う電気通信事業についても継続して取り組んでいきます。これは、リーマンショックの反省を踏まえ、経営基盤の安定を図るためにと始めたものです。少ない労力で安定した収益を上げられる本事業があるからこそ、“攻め”の開発や営業もが可能になり、長期的な戦略を描くことができるのです。
さらに、2年前には東京進出を果たし、その成果も徐々に出てきています。準備段階から、今後は一気呵成に“攻め”のフェーズへとシフトしていきます。
同時に、政令都市以上の地方都市の動向にも着目。特に、地方に才能豊かな人材が多くいることから、こうした人材の発掘・育成などを目的に、営業拠点の拡大を進めていきます。
アンドシステムが市場とするのは国内に限りません。海外での展開も視野に入れ、市場調査を進めるとともに、外国人留学生の積極的な採用など、世界戦略に向けた人材育成にも着手しています。

MESSAGEメッセージ

アンドシステムは、一人ひとりがプロの集団です。プロとアマチュアの違いは何か。私は、結果に対して責任を持つ覚悟があるかないかだと考えています。責任があるから、当然慎重になります。でも引き受けた以上は、最後まで逃げない。それがプロの仕事であり、プライドではないでしょうか。

真のプロを目指す人、自分の可能性をとことん追求してみたい人、現状に行き詰まりを感じている人、どうしても叶えたい夢のある人、社会に影響を与える仕事をしたい人。
そんな次のステップを望み、簡単にあきらめず、あがき続けるしぶとさを持つ人に、ぜひ当社に来ていただきたいと思っています。

もちろん、私もまだまだ自分の可能性を信じています。そしてこれからも、この会社、そしてIT業界という新たな業界の可能性を、とことん追求したいと考えています。
自分を、会社を、業界を、そして世界を変えるために。
私も挑戦し、失敗してもあきらめることなくあがき続け、それらも全て糧にして前進し続けていきたいと考えています。まだ見たことのない未来を、私たちと一緒に描いてみませんか。